新型出生前診断(NIPT)をご存知ですか?

ご懐妊おめでとうございます。

今、みなさんはきっとお腹にいる赤ちゃんのことでいろいろ考えていると思います。健康な子が生まれてくるのか? どちらの性別なのか? 両親のどちらに似た子なのか、さまざまなことを想像されると思います。もしも分るなら知りたいと思うと思います。ここ7、8年で遺伝子検査の進歩とともにさまざまなことが出生前にわかるようになりました。ちょっとし調べれば、他の国で普通に行われている検査がなぜか日本ではおコン割れていないことに気づくと思います。我々ヒロクリニックはできる限り最先端の遺伝子技術を使って、皆様の『知る権利』をまもりたいと考えております。ヒロクリニックは比較的新しいNIPTクリニックですが、すでに1万人以上の妊婦様からご利用受けており、確かな実績を残してきております。

さて、新型出生前診断(NIPT)とは、妊婦さんが受ける出生前診断のことで、「non-invasive prenatal genetic test(無侵襲的出生前遺伝学的検査)」や「無侵襲的出生前スクリーニング(NIPS)」や「出生前遺伝学的検査」などといった呼ばれ方もします。

母体から採血しその中に含まれる胎児由来のDNAの量を推定することにより、胎児のダウン症候群(21トリソミー)、エドワーズ症候群(18トリソミー)、パトウ症候群(13トリソミー)などの染色体の異常を調べることができる非確定的検査※1です。

お母さんの血液10ml(小さじ2杯程度)を採取するだけで検査できるため、羊水検査などと比べると母体にも胎児にもリスクが無く安心して検査をすることができます。

NIPTの検査はアメリカでは特別拒否しない限りは受けるのが普通の検査で、現在は日本でも年々検査を受ける妊婦さんが増え続けています。従来の血液による出生前診断と比較しても、感度・特異度から見ると検査自体の精度がきわめて良いものと言えます。安全性の高い出生前検査として注目されています。

NIPT検査での結果が陽性だった場合には、確定的検査※2である羊水検査や絨毛検査を受けることになります。

※1 超音波検査(エコー検査)母体血清マーカー検査(トリプルマーカー、クワトロテスト)NIPT(非侵襲的出生前遺伝学的検査)は非確定的検査になります。
※2 15週以降から受けられる羊水検査、11-14週頃に受けられる絨毛検査を確定的検査と呼びます。腹部に針を刺し直接羊水や絨毛を取るため、検査に伴う流産の可能性があります。

新型出生前診断(NIPT)とは

新型出生前診断(NIPT)とは

お腹の赤ちゃん大丈夫かな?

こんなお悩みありませんか?

  • お腹の赤ちゃんがダウン症ではないか心配…。
  • 流産を繰り返しているから異常がある気がする。
  • 35歳以下だけど、とことん検査したい!
  • 私ひとりで検査受けられる?
  • 地方住みだけど近くに検査できるところはある?
  • 今すぐ検査したい!予約は取れるの?
  • NIPTの検査費用って高いの?
  • どの検査を受けたら良いのかわからない…。

お任せください!

そのお悩みヒロクリニックで解決できます!

  • ダウン症がわかる21番染色体の単体検査は5万円!(税込5.5万円)
  • 様々な不安がある方には、全染色体数と全染色体の全領域部分欠失・重複疾患、58種類の症候群を特定できる、フルセットプランをおすすめしています。
  • 年齢制限なく検査を受けることができます。
  • 妊婦さんおひとりの来院で検査可能です。
  • 全国にクリニックがあります。提携クリニックのご案内も可能です。
  • Webからの予約は24時間対応しています。
  • 単体の検査は5万円(税込5.5万円)。1番人気Over35プランは15万円(税込16.5万円)です。
  • 過去の統計データから生まれた、最適なおすすめプランがあります。

妊娠したらまず…?

妊娠したら、眠気や倦怠感、胸が張るなどの月経前によく似た症状があらわれます。自覚していても妊娠に気が付かず、月経の兆候であったり月経前症候群と感じてしまう人も多いようです。 身体的な変化だけでは妊娠の兆候か否か判断に迷いますが、基礎体温を測っていると確実に変化があらわれます。


NIPTの検査が可能なのは、妊娠10週0日以降になります。妊娠10週目というと、脳、心臓、肝臓、腎臓などの主となる基本の臓器の原型がほぼ出来上がる頃になります。


個人差はありますが、妊娠10週目から12週目頃がつわりのピークと言われています。

NIPTの検査を予約したけど、体調が優れないといった時などは遠慮なさらずに当院の医師やスタッフにご相談ください。

妊娠かな?と思ったら確認すべきこと【医師監修】
妊娠かな?と思ったら確認すべきこと【医師監修】
月経がきていなかったり身体的不調が続く…。そんな場...

ヒロクリニックの
NIPTの特徴

NIPT検査のポイント

  • 胎児へのリスクがありません

    胎児へのリスクがありません

    確定的検査では流産などの胎児へのリスクが存在します。羊水検査で1/300、絨毛検査で1/100の流産の可能性があるといわれています。
    NIPTは採血のみで検査ができ、流産のリスクがなく、スクリーニング検査として優れています。

  • 妊娠周期10週0日目から 検査が可能です

    妊娠周期10週0日目から 検査が可能です

    従来の非確定的検査(母体血清マーカーやコンバインド検査)は、早くても妊娠11週以降でないと受けることができませんでした。
    NIPTは妊娠10週0日目から受けることが可能なため、赤ちゃんの状態を早く知ることができます。

  • 検査精度の高さ

    検査精度の高さ

    染色体検査の正確性を計る基準がふたつあります。ひとつは陽性かつ出産後も陽性という確率を示す「感度」。もうひとつは陰性かつ出産後も陰性という確率を示す「特異度」です。
    NIPTは 21番染色体の検査において感度96.5%、特異度99.9%の精度で、赤ちゃんの異常染色体数をより正確に発見することができます。

  • 年齢制限がありません

    年齢制限がありません

    NIPT検査には特別な年齢制限を設けておりません。
    また、夫婦同伴でないと受けられないなどの制限もありません。

当院の理念

  • 妊婦様が安心をして出産に望めるように、妊婦様の”知る権利”を尊重します。
  • NIPTを深く理解していただき、より多くの人にこの検査のベネフィットを共有していただきたい。
  • ITの活用により妊婦様の利便性の向上、検査精度の向上、迅速な対応をおこないます。

PAGE TOP
NIPT(新型出生前診断)のヒロクリニック|経験豊富な産婦人科医が行う新型出生前検査|結果は特急便なら最短2日