子どもは何人欲しい?理想と現実は?

こどもの数

実際は何人兄弟・姉妹が多い?

日本の出生率は2016年で1.44人という統計結果があります。
出生率は未婚・既婚関わらず15~49歳の女性が産む子どもの平均数をあらわします。
出生率では兄弟・姉妹の数まではわかりません。

しかし夫婦の完結出生児数の統計を見るとおおよその兄弟・姉妹の数がわかります。
夫婦の完結出生児数とは、結婚持続期間が15~19年の夫婦の平均出生数のことをいいます。
つまり、夫婦の最終的な平均出生数のことを指します。

2015年の夫婦の完結出生児数は1.94人であり、2010年以降は2人を下回っています。
子どもが1人という家庭は18.6%、2人は54.0%、3人は17.9%、4人以上は3.3%という統計になりました。

結婚持続期間が0~4年の夫婦の場合、1家庭につき子どもの数が0.78人、5~9年で1.59人が平均値でした。 

平均すると、子どもが2人いるという家庭がもっとも多いです。

子どもは何人欲しい?

生命保険文化センターによる「子どもは何人欲しいと思っている?」という調査を見ると「子どもは2人ほしい」という望む人が多いようです。
しかし上記のように、簡単には2人目を考えられず、一人っ子という選択をする家庭も少なくないようです。

子どもが2人ほしいという理由としては、やはり一人っ子だと「日常的な遊び相手がいない」「将来的に相談したり協力しあう相手がいない」「親の介護などの負担が1人にいってしまう」などの理由が挙げられるようです。

また、明治安田総合研究所が行った「2014年 20~40第の出産と子育て」という調査結果を見ると、震災がきっかけで「理想の子どもの人数」が増加傾向にあるとわかります。
震災後に家族の絆への意識が高まったことで、2人以上の子どもが理想的という統計が出たのかもしれません。

実際、兄弟・姉妹がいることで乳幼児期はお互いを遊び相手にしてくれるので、親としても助かる場面は多いです。
子どもの成長にとって人と遊んだり会話することは非常に重要な過程です。
上の子どもに甘えたり、時には喧嘩したりといった経験は兄弟・姉妹がいるからこその体験になります。

親や祖父母といった大人だけではそれを築くのが難しいことがあります。
そのため、「子どもの社会」をつくれる同年代の子どもが日常的にいることはメリットが大きいと感じます。 

また兄弟・姉妹がいることで同じ環境で育つわけですから気持ちや苦労を共感・分担しやすくなります。
例えば、親が共働きの場合は寂しさが緩和されたり、将来的に親に万が一のことがあったら気持ちの部分だけではなく、苦労や負担を分散させることができます。

家族間でしか相談したり、頼ったりできない部分というのは少なからず誰しもが経験するかと思います。
親と子どもという立場は何歳になっても変わりません。
そのため親や友人だけではなく、兄弟・姉妹だからこそ相談できる、話ができるというのはどの年代でも起こり得ます。
親としてはそういった「自分を表出できる人がいる」ということは大切に感じます。

夫婦の完結出生児数の統計を見ると、2005年以前は2~3人兄弟・姉妹が多いです。
そのため現在20~30代の出産適齢期の人たちは兄弟・姉妹がいる人が多いと思います。
「自分に兄弟・姉妹がいたから自分の子どもそのくらいほしい」と感じる人もいます。
親と子どもは別人格であり別の人生を歩むものですが、自分自身の生い立ちや体験を重ね合わせて、兄弟・姉妹がいてほしいと感じます。 

一人っ子の人が「兄弟・姉妹がいたらよかった」と感じる理由として、「生活環境が自分の性格に影響があった」と感じる人も少なくないようです。
一人っ子故に「人見知りがあった」「大人から甘やかされることに違和感がなかった」という経験から、親になったら2人以上の子どもがほしいと望む人もいるようです。

2人目がほしいというよりも「異性の子を育ててみたい」という理由もあるのではないでしょうか。
「子どもがほしい」という気持ちは現実的に考えて難しい部分が出てくるため簡単に決断できることではありませんが、「上の子とは違う性別の子どもを育てたい」「両性がほしい」という気持ちがわく人もいます。 

子どもの性別を重要視している人は少なくありません。

しかし現在では原則的に、出産まで胎児の性別を教えない方針をとっている医療機関も増えてきています。
性別が原因で堕胎を選択するリスクを減らすという理由があります。

高齢出産の場合、出生前診断を受検する方もいらっしゃるかと思います。
最近注目されている新型出生前診断であるNIPTの場合、希望がある場合は性別判定をしてもらえます。
NIPTはあくまでも染色体異常を調べる検査なので性別判定はおまけという気持ちで臨むといいですね。

大人になっても母と娘で仲良く旅行にいったり、買い物にでかけたりしたい。
父と息子でキャッチボールをしたり、お酒を酌み交わしたい。
そういった夢というのは、親になるからには少なからず芽生える気持ちだと思います。
親と子どもという枠組みを超えて、両親ともに同性だからこそ「共有できること」というのがあります。
そういった理由で2人以上の兄弟・姉妹を望む家庭もあります。

2人目の壁とは?

1982~2002年は一人っ子家庭の割合が10%未満でしたが、2005年以降は一人っ子家庭が急増しています。
一人っ子家庭は2010年には15.9%、2015年には18.6%と右肩上がりになっています。 

生命保険文化センターによる「子どもは何人欲しいと思っている?」という調査では理想の子どもの人数が2.32人、予定としている子どもの人数は2.01人という結果になりました。 

「理想の子どもの人数を持たない理由」としては上位に「子育てや教育の費用」「高齢出産」といったものが挙げられます。
2016年での調査によると、女性の初産の平均出産年齢は30.7歳、2人目が32.6歳という結果になります。 

女性の社会進出が進んだことで、初産の平均年齢が上がっていると考えられます。
男性と同じようにキャリアを積もうとすると、やはり長時間の残業や出張、転勤といった働き方が求められることが多いです。
子どもがいても働きたい人や産後・産前休暇や育児休暇を取りたい人はどうしても初産の年齢が上がってしまうと考えらます。

初産が上がることで兄弟・姉妹を持つことを考える人も多いのではないでしょうか。

働いている女性の場合、上の子どもと同じ保育園などに預けられるのかという不透明さ、転職をする場合は働き口の有無も気になります。

家庭によっては「幼稚園に入るまでは育児に専念をしてほしい」という希望もあるかと思います。
そういったブランクを考えると、2人目ができてやっていけるのか不安になります。

また、妊娠期の辛さ、育児の大変さなどの点も2人目の壁として考えられます。

妊娠期にはつわりや腰痛、睡眠不足、体重管理などの身体的な問題。
出産まで子どもが健康に五体満足で生まれてくる、流産や早産などの問題がないかかという不安がつきまといます。
人によっては、出産後も妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群の影響が出る可能性もあります。
「産前は健康だったけど産後に体調が戻らない」という理由で仕事を諦めたり、日々の生活に支障が出る場合もあります。 

育児は子ども1人でも2人でもいっぱいいっぱいになってしまいます。
妊娠から出産、新生児のお世話をしながら上の子どもの育児もするというのは決して簡単なことではありません。
子どもの将来を考えると、金銭的な保障も考えていかなければなりません。
そのため簡単には「2人目」というのを考えるのは難しいのが現状なのではないでしょうか。

また、「初産の年齢によっては2人目以降もほしい」と考える人もいます。
晩婚化が進むことで初産の年齢が上がり、それと同時に「2人目以降を考えられない」「なかなか妊娠ができない」という人も少なくありません。 

妊娠の確率は25歳までで約30%、35歳で約18%、40歳で約5%といわれています。
女性の初産の平均出産年齢は30.7歳と考えると、2人目以降が難しいという現状の人も少なくありません。 

妊娠のしにくさだけではなく、出産の年齢が上がるとともに、染色体異常などの障害が起こる恐れもでてきます。
金銭的・体力的な問題だけではなく、現在住んでいる環境で過ごせるのかという問題も出てきます。
高齢出産の難しさが伝わります。

出典

当日予約
OK

お問い合わせ0120-915-967 受付:平日 9:00~19:00、土 9:00〜18:00、日 10:00〜15:00

Webから予約をする24時間受付可能

お近くのクリニックへ
ご予約ください。

PAGE TOP