妊娠期間はどのくらい?正しい週数と出産予定日の数え方

妊娠週数と出産予定日の数え方

妊娠期間の数え方として、受精後胎齢と月経後胎齢の2種類があります。

受精後胎齢は受精初日を1日目として満日数・満週数であらわします。

月経後胎齢は最終月経の初日を0日目として満日数・満週数であらわします。

日本では一般的には後者の数え方が用いられます。

最終月経の初日を妊娠0週0日として、40週0日が標準的な妊娠期間と考えられています。

受精後胎齢は月経後胎齢から2週を引くとあらわすことができます。

妊娠期間は約10ヶ月間になります。

28日を妊娠の1ヶ月として、280日目が出産予定日として算出されます。

WHO(世界保健機関)では妊娠期間は280日±15日と定義しています。

出産予定日を最終月経後から性交した日または受精した日を0週0日と数えてしまい、自分で予想してた出産予定日よりも大きくずれてしまうというケースもあります。

実際は受精する日は妊娠2週目、着床するのが3週目となるため、上記のような数え方をしてしまうと大きく予想を外してしまいます。

自分で簡単に出産予定日を算出する方法としてはネーゲレ換算法というものがあげられます。

ネーゲレ換算法は「最終月経の初日から3を引く(引けない場合は9を足す)」「最終月経の初日に7を足す」という2通りの方法になります。

この方法でも月経周期が28日であることが前提になるので、例えば月経周期が27日の場合は1を引き、31日の場合は3を足します。

例えば、最終月経の初日が4月10日の場合は「4月-3=1月」「10日-7=3日」となり、出産予定日は「翌年の1月3日」にあたります。

また、妊娠期間は3ヶ月単位で妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期の3つの期間にわけられています。

  • 妊娠初期は妊娠4~15週(妊娠2~4ヶ月)
  • 妊娠中期は妊娠16~27週(妊娠5~7ヶ月)
  • 妊娠後期は妊娠28~39週(妊娠8~10ヶ月)

妊娠7週6日までは胎芽、8週以降は胎児と呼ばれます。

胎児の諸器官の原型は15週までにほとんどが形成されます。

NIPTってなあに?

妊娠期間や出産予定日は個人差がある?

妊娠期間の1ヶ月を28日と考える理由としては月経周期があげられます。

一般的に月経は28日周期で起こるとされているため、妊娠期間は28日を1ヶ月と数えます。

しかし月経周期にも個人差があり、28日より短い人もいれば長い人もいます。

排卵は最終月経初日から14日かかるため、月経が28日周期の人と比べて月経周期が長い人は排卵日が遅くなり出産も予定日よりもやや遅れます。

逆に月経周期が短い人は排卵日が早くなるので出産がやや早まります。

月経不順の場合、最終月経の初日から妊娠週数を算出すると月経の初日から排卵日が通常よりも長かったり短かったりしてしまいます。

実際に着床した日が予想よりも大きくずれてしまうことも少なくありません。

出産予定日は月経が28日周期で起こることを基準に判定されるので、あくまでも目安となります。

そのため排卵日がわかれば出産予定日をより正確に知ることができます。

排卵日は月経のように目に見えた変化は多くの場合起こらないため基礎体温表を記録していたり、排卵検査薬を用いることで把握しやすくなります。

初診のときに伝えられる出産予定日は最終月経の初日から算出された一時的なものになります。

前述した通り、その計算だけでは月経の長さや月経不順などで大きくずれてしまうこともあるため、妊娠判明から数週間経って、胎児の成長の度合いで予定日を修正することも少なくありません。

妊娠8~11週に超音波検査で胎児の頭殿長を測って出産予定日を算出するため、妊娠12週までに出産予定日は確定されます。

妊娠週数や出産予定日を把握することは妊娠の経過や胎児の発育を診断するためにとても重要な目安になります。

帝王切開や誘発分娩、無痛分娩などを予定する場合、特に妊娠週数を把握することは必要不可欠です。

また、NIPT(出生前診断)NIPTは妊娠10週0日から受検することが可能です。

従来の非確定的検査では11週以降でなければ受検することができませんでしたが、より早く胎児の状態を知りたいという方には従来の検査よりも早く受けることができます。

妊娠周期を正しく把握することは出産予定日だけではなく、母子ともに健康上に問題ない状態でNIPT(出生前診断)NIPTなどの検査を選択することができます。

昔から妊娠期間は十月十日といわれていますが、10ヶ月+10日という意味ではありません。

28日を1ヶ月と計算すると10ヶ月目の10日ころが出産予定日という経験則によって産まれた言葉です。

この言葉でいうと28日×9ヶ月+10日、262日目が出産予定日になります。

前述した通り現在では最終月経日の初日から280日が出産予定日としているので、十月十日でも数字的にあまり誤差がありません。

十月十日は医学的に使用される考え方ではありませんが、あながち間違えた考え方でもありませんね。

正期産とは?

正期産は37週0日から41週6日までの間に出産することを指します。

正産期は35日あるため、出産予定日はあくまでも目安となります。

出産予定日にお産がはじまった、または出産したという人は6.3%ほどともいわれています。

そのため37週を過ぎると「いつ産まれてもいい」という状態になるため、出産準備を整えて、お産がはじまったときの対応などを考えておくことが大切です。

妊娠37週0日に入ると胎児の身体機能や臓器は充分に発育するため、正期産であればいつ出産に至っても発育上の問題がありません。

妊娠37週の胎児は平均体重2676gほどになり、身長も50cm程度に発育しています。

胎児の消化器官も発達しているため、肝臓や膵臓、胆のうから排出された老廃物、飲み込んだ羊水などが胎児の便として羊水の中に排出されます。

妊娠42週0日以降の出産は過期産とされます。

妊娠期間が通常よりも長くなることで胎盤の機能が低下するとともに過熟児・巨大児になってしまったり胎便吸引症候群を引き起こすリスクなどが高まります。

もちろんすべての人がこのようなリスクが当てはまるわけではなく、胎盤や胎児の状態には個人差があります。

40週0日を過ぎると、母子の様子を見て誘発分娩での出産を促すなどの対処が検討されます。

妊娠22週0日から36週6日の間に出産に至ることを早産といいます。

妊娠週数によって差がありますが、胎児の身体機能や臓器の発育が整っていないため、体温調節機能や免疫機能が充分ではありません。

そういった状態で産まれてしまうと病気や感染症のリスクなどが高まります。

初産だと予定日を超過しやすい、経産だと予定日以前に生まれやすいなどの説が見受けられます。

実際、初産の場合は経産に比べて出産予定日を超過する傾向にあるようです。

しかしその多くの場合は出産予定日の算出が間違っていることが少なくないそうです。

日本産婦人科学会による調査では、もっとも多い出産週数は39週で全体の21.1%、次いで38週が20.5%といわれています。

40週を超過する人は26.1%もいるといわれています。

しかし初産・経産に関わらず、多くの場合は出産予定日前に出産に至っているそうです。

初産の場合は子宮口がかたく閉じているため、お産になっても子宮口が開きにくいですが、対して経産の場合は前回のお産により子宮口が開きやすくなります。

出産経験により出産予定日が変化するわけではなく、お産のスピードが変化するという認識が正しいかと思います。

参考文献

  • 妊娠に関する用語の定義
    https://www.dear-mom.net/ninshin0111.html
  • 出産・分娩用語辞典
    https://www.dear-mom.net/bunben0601.html
  • 婦人科64巻6号
    http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/shusanki_vol64no6.pdf
  • 出産率が高いのは何週?出産予定日に生まれる確率は?
    https://allabout.co.jp/gm/gc/188572/
  • 十月十日の誤解
    http://www.pixy.cx/~kamosika/1/totukitouka.htm

記事の監修ドクター

岡 博史先生

岡 博史先生

NIPT専門クリニック 医学博士
慶應義塾大学 医学部 卒業

人気の記事

  1. 妊娠検査薬の正しい使い方は?適切なタイミングも知っておこう

  2. 妊娠かな?と思ったら確認すべきこと

  3. 妊婦

    これって妊娠初期症状?妊娠と初期症状の関係とは

関連記事

  1. 妊娠・出産時の医療費控除|計算・申請方法まとめ

  2. 妊娠糖尿病とは?検診で指摘されてしまったら気を付けるべきこと…

  3. 妊娠したら必要な届け出とは?【NIPT(出生前診断)について…

  4. これってつわり?原因から対策までご紹介

  5. 妊娠検査薬の正しい使い方は?適切なタイミングも知っておこう

  6. 妊娠安定期とは?過ごし方やNIPT(出生前診断)について紹介…

お近くのクリニックへ
ご予約ください。

PAGE TOP