新型出生前診断(NIPT)とは

新型出生前診断(NIPT)とは、「母体から採血し、その血液を検査することにより胎児の染色体異常を調べる検査」のことです。 新型出生前診断という名称自体は日本での通称名です。 従来の血液による出生前診断と比較して感度、特異度からみる検査自体の精度がきわめて良いものです。

NIPTのメリット

胎児へのリスクがありません

確定的検査では流産などの胎児へのリスクが存在します。羊水検査で1/300、絨毛検査で1/100の流産の可能性があるといわれています。
NIPTは採血のみで検査ができ、流産のリスクがなく、スクリーニング検査として優れています。

妊娠周期10週0日目から検査できます

従来の非確定的検査(母体血清マーカーやコンバインド検査)は、早くても妊娠11週以降でないと受けることができませんでした。
NIPTは妊娠10週0日目から受けることが可能なため、赤ちゃんの状態を早く知ることができます。

検査精度の高さ

染色体の検査においては、検査の正確性を図る基準として、検査で陽性かつ出産後も陽性という確率を示す「感度」、検査で陰性かつ出産後も陰性という確率を示す「特異度」の高さが必要となってきます。
NIPTは感度99%、特異度99.9%を誇る検査精度です。
これにより赤ちゃんの異常染色体数をより正確に発見することができます。

年齢制限なし

NIPT検査には特別な年齢制限を設けておりません。
また、夫婦同伴でないと受けられないなどの制限もありません。

NIPTの検査にヒロクリニックが選ばれる理由をご紹介します。

ヒロクリニックのNIPT

NIPT検査での検査可能な疾患や項目をご紹介します。

検査でわかること

NIPT検査の一連の流れをご紹介します。

NIPT検査の流れ

FEATURED POSTS

  1. 妊娠中の不安

    これで安心!妊娠中に感じやすい不安のワケと解消法を教えます…

  2. ほうれん草

    妊娠中にはなぜ葉酸が必要?食事で上手に摂取するには?…

  3. 妊娠中の不安

    妊婦が感じている不安

最近の記事

  1. 妊娠中の不安
  2. ほうれん草
  3. 妊娠中の不安
  4. 眠れない
  5. めまい

検査可能日

2020年 1月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2020年 2月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29

休診日

当日予約
OK

お問い合わせ0120-915-967 受付:平日 9:00~19:00、土 9:00〜18:00、日 10:00〜15:00

Webから予約をする24時間受付可能

本日は休診日です。
Web予約をご利用ください。

Webから予約する
電話で予約する
PAGE TOP