妊娠から出産まで…お腹の中の赤ちゃんはどのように成長しているの?【医師監修】

胎児の成長の画像 

妊娠してから出産まで、赤ちゃんの体は日々少しずつ変化していきます。ほんの1mmにも満たなかった受精卵が約3,000gの赤ちゃんに成長するまでの過程は、とても神秘的。 お腹の中で赤ちゃんがどのような成長経過をたどるのか、妊娠週数を追ってみていきましょう。

ダウン症はお腹にいるうちに
わかるってご存じですか

ダウン症はお腹にいるうちに
わかるってご存じですか

妊娠超初期(1週~3週目)の様子

母体の最終月経日を妊娠0週0日として、妊娠週数を数えていきます。
第1週は正確には妊娠しておらず、最も妊娠しやすい時期。第2週ごろに卵管の先の方で卵子と精子が結合し、受精卵となります。のちに赤ちゃんとなる受精卵は1日1回のペースで細胞分裂を繰り返しながら、約1週間かけて子宮に到達します。第3週ごろ、受精卵が子宮粘膜に着床すると妊娠が成立。このときの赤ちゃんの大きさは、まだわずか1mmほどしかありません。

妊娠初期(4週~15週目)の胎児の成長経過

まだまだ赤ちゃんも小さい妊娠初期。しかし、臓器や神経といった重要な器官が形成されるのもこの時期です。

これって妊娠初期症状?妊娠と初期症状の関係とは【医師監修】
これって妊娠初期症状?妊娠と初期症状の関係とは【医師監修】
赤ちゃんを望む女性にとって、いつもと違う症状に妊娠...
飲んでもいい?妊娠初期の薬とのつき合い方【医師監修】
飲んでもいい?妊娠初期の薬とのつき合い方【医師監修】
妊娠中の薬の服用について、ナーバスになっている方も...

妊娠2ヶ月(4~7週)の胎児(胎芽)の成長

妊娠4週ごろには、超音波検査で胎のうが確認できるようになります。赤ちゃんの体の構造が未熟なこの時期、正確にはまだ「胎児」とは呼びません。胎のうの中にいる赤ちゃんは、妊娠8週ごろまでは「胎芽」と呼ばれます。

妊娠5週になると、臓器のもととなる器官やへその緒なども作られるようになります。心臓も形成され、体の各器官へ血液が送られるように。妊娠6週になる頃には、超音波検査で心臓の動きを見ることもできるようになるでしょう。

妊娠7週ごろの胎児の大きさ

身長約1cm、体重約4g(さくらんぼ1粒くらい)

妊娠3ヶ月(8週~11週目)の胎児の成長

妊娠3ヶ月に入ると、頭と胴体の境や、手足などの四肢、顔のパーツなどもはっきりとし、ヒトらしい姿になってきます。脳の神経細胞が形成され始めるのもこの頃です。週数が進むにつれて、手足の指が分かれてきたり、口や歯ができたり、生殖器が形成されたりといった成長もみられます。妊娠11週をむかえるころには、まぶたや耳たぶ、唇も形成され、ますます人間らしい姿へと成長しています。

また、この時期を超えれば、一般的に早期流産のリスクも下がるとされています。新型出生前診断(NIPT)によって胎児の染色体疾患を調べることができるのも、妊娠10週以降。高齢での出産を予定している、赤ちゃんの状態を知っておきたいと検査を検討している方は、医療機関やクリニックに相談してみましょう。

妊娠11週ごろの胎児の大きさ

身長約4cm、体重約30g(いちご1個くらい)

妊娠糖尿病とは?健診で指摘されてしまったら気を付けるべきこと【医師監修】
妊娠糖尿病とは?健診で指摘されてしまったら気を付けるべきこと【医師監修】
近年では晩婚化・晩産化に伴い、妊娠糖尿病は増加傾向...

妊娠4ヶ月(12週~15週目)の胎児の成長

妊娠12週を迎えると安定期に入り、つわりの症状がおさまる方も。胎児は手指も完成し、羊水を飲み吐きしながら呼吸や母乳を飲む練習を始めます。

妊娠14週ごろには体の器官のほとんどが形成され、以降は皮膚が厚くなったり、筋肉がついてきたりと、少しずつ各機能を発達させていきます。

妊娠15週ごろの胎児の大きさ

身長約16cm、体重約100g(レモン1個くらい)

妊娠中期(16週~27週目)の胎児の成長経過

お腹もふっくらとし、妊婦さんらしい体つきになってくる時期。お腹の中の赤ちゃんは、さらに体の各機能を発達させていきます。

妊娠5ヶ月(16週~19週目)の胎児の成長

手指には爪が生えてきました。脳の前頭葉も発達し、お腹の中でより活発に動くように。妊娠18週ごろには頭に髪の毛も生えはじめます。また、胎脂と呼ばれる物質が作られ始めるのもこの頃。胎脂の量には個人差がありますが、出産までに赤ちゃんの体全体を覆うようになります。胎脂が赤ちゃんの皮膚を守ってくれるおかげで、羊水の中にいる赤ちゃんがふやけてしまうこともなく、生まれた後の皮膚トラブルも防いでくれるのです。

妊娠19週ごろにはまつ毛や眉毛も作られ、腎臓や膀胱もほぼ完成します。皮下脂肪もついてふっくらとした体つきになってきますが、まだ頭でっかちなままです。

妊娠安定期とは?過ごし方やNIPT(出生前診断)について紹介!【医師監修】
妊娠安定期とは?過ごし方やNIPT(出生前診断)について紹介!【医師監修】
妊娠安定期とは、妊娠の状態が初期のころに比べて安定...

妊娠19週ごろの胎児の大きさ

身長約20cm、体重約150g(みかん1個くらい)

妊娠6ヶ月(20週~23週目)の胎児の成長

妊娠6ヶ月に入ると、胎児の腎臓も機能するようになり、羊水を飲んでおしっこを排出する練習をするようになります。聴覚も備わってくるので、ママの声やお腹の外の音を聞いているかもしれません。

妊娠21週ごろには外性器も完成し、赤ちゃんの向き次第では超音波検査で性別が判別できるように。妊娠22週になると顔立ちもさらにはっきりし、それぞれの臓器もできあがってより活発に機能し始めます。骨や筋肉が発達することで、胎児の体重もどんどん増加します。

妊娠23週ごろの胎児の大きさ

身長約25cm、体重約350g(グレープフルーツ1個くらい)

妊娠7ヶ月(24週~27週目)の胎児の成長

妊娠24週ごろには、まぶたが上下に分かれ、まばたきができるように。鼻の穴が形成されたり、眼球活動が始まったりと、顔のパーツの細かな部分もできあがってきます。

脳波が働き始める妊娠26週ごろには、赤ちゃん自身の意志で体をコントロールできるようになります。味覚や嗅覚が発達したり、記憶や感情が生まれたりするのもこのころです。

妊娠中に食べた方が良いもの&控えた方が良いものとは?【NIPT(新型出生前診断)についても解説】【医師監修】
妊娠中に食べた方が良いもの&控えた方が良いものとは?【NIPT(新型出生前診断)についても解説】【医師監修】
妊娠中の食事方法について不安や心配を抱えている人は...

妊娠27週ごろの胎児の大きさ

身長約30cm、体重約1000g(メロン1個くらい)

妊娠後期(28週~40週目)の胎児の成長経過

妊娠中期までで赤ちゃんの体の機能はほぼ完成しました。出産に向けてあと約2ヶ月の間に、胎児の体重は倍以上に成長します。

妊娠8ヶ月(28週~31週目)の胎児の成長

妊娠8ヶ月に入るころには、胎児の骨格はほとんど完成しています。筋肉や神経も活発に働くようになり、指を動かすなど細かい動きもできるようになります。胎動も以前より力強く感じるかもしれません。臓器も大人と同じように機能するほど発達しています。

妊娠31週ころまでには頭が下になるような姿勢に落ち着きますが、この時期になっても逆子と診断される場合は、逆子体操などを取り入れるなどしましょう。

妊娠31週ごろの胎児の大きさ

身長約40cm、体重約1800g(かぼちゃ1個くらい)

妊娠9ヶ月(32週~35週目)の胎児の成長

赤ちゃんの体はさらに大きくなり、子宮内でも窮屈に感じるようになります。徐々に表情も豊かになるため、超音波検査でかわいらしい顔をみせてくれるかもしれません。

お腹の外でも問題なく呼吸できるよう、妊娠34週ごろには肺も完成します。妊娠35週ごろには睡眠のリズムもできあがり、新生児と同じような感覚で寝起きするように。出産後に備えて皮下脂肪を蓄え、よりふっくらとした体つきになります。

妊娠35週ごろの胎児の大きさ

身長約45cm、体重約2200g(白菜1個くらい)

生まれてくる子供は男と女どっちがいい?【医師監修】
生まれてくる子供は男と女どっちがいい?【医師監修】
妊娠すると、お腹の赤ちゃんの性別が気になるもの。男...

妊娠10ヶ月(36週~40週目)の胎児の成長

妊娠10ヶ月に入るころには、胎児の発育はほとんど完成しています。頭が骨盤に入ることで、胎動を少なく感じることも。脂肪をつけたり、内臓の機能をより成熟させたりと、産まれてからもお腹の外で生活に適応できるよう赤ちゃんも準備しています。

妊娠40週ごろの胎児の大きさ

身長約50cm、体重約3000g(すいか1個くらい)

赤ちゃんの成長を意識しながら過ごしてみて

お腹が目立たないうちからも、赤ちゃんは驚異的なスピードで成長しています。成長過程を知ることで、「今はどんな姿をしているのかな?」と想像も膨らむかもしれませんね。

長いようで短い10ヶ月、赤ちゃんの日々の成長に思いをはせながらマタニティライフを過ごしてみてはいかがでしょうか。

ダウン症は生まれる前にわかりますか?

出典

  • 「推定胎児体重と胎児発育曲線」保健指導マニュアル
    http://www.jsog.or.jp/public/shusanki/taiji_taiju_hatsuiku_201203.pdf
  • 公益財団法人 母子衛生研究会 妊娠月別 胎児の様子とママのからだ
    https://www.mcfh.or.jp/jouhou/taiji/index.html
  • 妊娠期の胎児の成長と母体変化
    https://www.nishi.or.jp/kosodate/ninshin/ninshingawakattara/hajimeni/fushitetyo.files/2018fushi-techo_P1-P10.pdf

妊娠してから出産まで、赤ちゃんの体は日々少しずつ変化していきます。ほんの1mmにも満たなかった受精卵が約3,000gの赤ちゃんに成長するまでの過程は、とても神秘的。 お腹の中で赤ちゃんがどのような成長経過をたどるのか、妊娠週数を追ってみていきましょう。

NIPTについて詳しく見る

NIPTについて詳しく見る

記事の監修者

白男川 邦彦先生

白男川 邦彦先生

ヒロクリニック名古屋駅前院 院長
日本産婦人科学会専門医

産婦人科専門医として40年近くにわたる豊富な経験を持ち、多くの妊婦さんとかかわる。
現在はヒロクリニック名古屋駅前院の院長としてNIPTの検査担当医を行う一方、全国のヒロクリニック各院からのオンラインで妊婦さんの相談にも乗っている。

経歴

1982年 愛知医科大学付属病院
1987年 鹿児島大学附属病院 産婦人科
1993年 白男川クリニック 院長
2011年 かば記念病院
2019年 岡本石井病院
2020年 ヒロクリニック名古屋駅前院 院長

プロフィールページはこちら

関連記事

  1. 安心して安定期を過ごす9のポイント
  2. 妊娠中に食べた方が良いもの
  3. 薬

    飲んでもいい?妊娠初期の薬とのつき合い方…

    2020.02.25

    • 妊娠初期

    • 気を付けること

  4. ほうれん草

人気の記事

  1. 妊娠かな?と思ったら確認すべきこと
  2. 胎児の成長の画像 
  3. 妊娠中に食べた方が良いもの
PAGE TOP
NIPT(新型出生前診断)のヒロクリニック|経験豊富な産婦人科医が行う新型出生前検査|結果は特急便なら最短2日