国内初!国内検査にて特急便なら最短2日で検査報告

NIPT(新型出生前診断)においてNIPTの認可施設※1ではすべて国内で検査を行っていますが、無認可施設では国内の衛生検査所を通して海外に検体を送っています。※2

ヒロクリニックでもこれまで東京衛生検査所を通してイルミナ社に検体を送って検査を行ってきましたが、2020年6月19日よりヒロクリニックが契約する東京衛生検査所(東京都文京区)がイルミナ社の機器を導入し、国内での検査をスタートすることになりました。

なお、国内での検査となるため、原本は日本語の結果報告書となります。
英語の結果報告書は付きません。

また、6月19日より全染色体領域欠失疾患に加え、全染色体領域重複疾患を調べることのできる、「F(旧名称D+): フルセットプラスプラン検査」が開始いたします。

■■■全染色体領域欠失疾患+全染色体領域重複疾患とは■■■

次世代シークセンサーを用いてNIPTを検査を行うと、ある一定の頻度で全染色体領域欠失疾患、全染色体領域重複疾患が検出されていました。文献を調べたところによると58種類の欠失、重複があり、この度東京衛生検査所ではこれら58種類に加え、全領域での欠失、重複を報告することにしました。報告は700万塩基以上の欠失があるケースのみ行います。確認検査においては羊水検査を行う必要があります。報告部位のエクソン領域をリアルタイムPCRを用いて、定量化し調べることが可能です。その際には東京衛生検査所にお問い合わせください。
※Y染色体は除く

新しい東京衛生検査所の検査には、こんなにメリットがあります。

■検査の週数が迫っている妊婦さんに朗報!■
特急便なら最短2日で検査結果を報告します。
名古屋院は輸送のため報告が一日遅くなります。
ただし、再検査の場合にはこの限りではありません。再検査になった場合にはメールにて連絡します。
検体を海外に輸送しないので、検査の結果までの日数が短縮されます※3
■再検査のリスクが軽減されます!■
海外輸送による検体紛失等のリスクが減ります
国内の輸送のみとなるので、海外輸送時に起きていた検体が紛失や容器の破損といった事由による再検査のリスクが減ります。
■国内ですべて完結する安心 その1■
検体取り違えなどのリスクが無くなります
採血時より全て東京衛生検査所で発行するバーコードでシステム管理されるため、検体の取り違えリスクがありません。
■国内ですべて完結する安心 その2■
国内の検査技師が検査結果を解析します
解析には遺伝子に関する深い知識と経験が必要となります。東京衛生検査所では、日本の経験を積んだ検査技師が検査結果の精査を行い、検査結果は日本語で作成されます。
■イルミナ社の最新の技術の結晶■
最新の機器での検査
東京衛生検査所で導入したイルミナ社の機器は、現在ベリナタの検査に使われている機器よりも更に新しい最新技術を導入しています。
■無認可施設のメリットもそのまま■
充実のオプション
これまでのヒロクリニックと同様、認可施設では出来ない全染色体検査と全染色体領域欠失疾患検査が可能です。

※1 日本医師会が認可した施設
※2 血液検査を含む検体を海外に送る時は厚生労働省令で定める基準に適合する施設を通すことが医療法で定められています(医療法第15条の3第1項)
※3 検査した日によって変わります

PAGE TOP