ライトプラン

120,000円(税込 132,000円)双子の場合 145,000円(税込 159,500円)

ライトプランは、21・18・13番染色体の異常と性染色体の異常を検査します。
21・18・13番染色体の検査は、22対44本ある常染色体数の変化による先天性疾患の中で、頻度の高い「ダウン症候群」「エドワーズ症候群」「パトウ症候群」を検査することができます。
単一児の場合、性染色体の状態検査、双子の場合、Y染色体の有無の検査をします。
性別の判別が可能です。

  • 21番
    18番
    13番
    XY
    XX
    XO
    XXY
    他…
    Y

この検査で調べることができる疾患

染色体 疾患 出生児の発生率
21 ダウン症候群 1,000分の1
18 エドワーズ症候群 6,000分の1
13 パトウ症候群 10,000分の1

21・18・13番染色体の検査は、22対44本ある常染色体数の変化による先天性疾患の中で、頻度の高い「ダウン症候群」「エドワーズ症候群」「パトウ症候群」を検査することができます。

染色体 疾患 出生児の発生率
X クラインフェルター症候群 1,000分の1
X ターナー症候群 2,500分の1
X 赤緑色盲 20~500分の1
X 血友病 母親保因の男児4分の1
X デュシェンヌ型筋ジストロフィー 男児3,500分の1母親保因の場合6割
X X連鎖魚鱗癬 2,000~6,000分の1
染色体 疾患 出生児の発生率
X X連鎖無ガンマグロブリン血症(XLA) 男児 100,000分の1
X グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ欠損症 1000分の1
X X連鎖低リン血症性くる病(XLH) 20,000分の1
X XXX症候群 1,000分の1
Y XYY症候群 1,000分の1

性染色体の検査は、「赤緑色盲」「血友病」「デュシェンヌ型筋ジストロフィー」「X連鎖魚鱗癬」「X連鎖無ガンマグロブリン血症(XLA)」「グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ欠損症」「X連鎖低リン血症性くる病」がX連鎖劣性遺伝として知られており、X連鎖劣性遺伝を有する近縁者がいる場合に適する検査となります。X連鎖劣性遺伝は主に男児の場合に発症しますが、女児の場合には無症候性キャリアとなることが多くあります。

こんな方におすすめです

費用はなるべく抑えたいけれど、X連鎖劣性遺伝を有する近縁者がいるので気になるという人。

結果が陽性の方のうち、4割の方が知ることができていません

ヒロクリニックのNIPTで陽性判定が出た方は全体の2.56%です。(2020年3月~2020年12月)
そのうち選択したプランでわかる疾患以外に陽性判定があったことを知ることができなかった方が約40%いらっしゃいます。

陽性だった方を100%とした時、結果報告の有無

ライトプランで検査をされた妊婦さんで「21・18・13番トリソミー・モノソミー」「性染色体異常」などに含まれない染色体異常が見つかった人の割合は全体の39%いらっしゃいました。

下記は、疾患が見つかった方の全体の疾患の種類の割合を元に、ライトプランでご報告できる範囲を示したグラフです。

おなかの赤ちゃんをやさしく迎え入れるためにも、よりくわしい検査ができるフルセットプランを検討されることをお勧めいたします。

ライトプランは、胎児が一人(単一児)、もしくは双子の場合の検査になります。
全てのクリニックの検査は国内検査となります。特急便なら最短2日で結果をお届け可能になります。

PAGE TOP
NIPT(新型出生前診断)のヒロクリニック|経験豊富な産婦人科医が行う新型出生前検査|結果は特急便なら最短2日