検査を受けれられる前に必ずお読みください

  • NIPTは感度99%、特異度99.9%の精度検査ですが確定検査ではありません。 陽性または判定保留が続いた場合、検査結果を確定させるための検査(羊水検査または絨毛検査)を受ける必要があります。
  • 検査には現在妊娠中であるという証明が必要です。母子手帳と、エコー検査をご持参ください。

検査をお勧めできない方

以下の通り、検査結果が正しく得ることができない可能性のある方は、検査をお勧めできません。

  • 胎児に不均衡型転座が疑われる場合
  • 母親自身が染色体の異数性(トリソミーなど)や不均衡型転座の保因者である場合

再検査が必要な場合

ごく稀に再検査が必要になる場合がございます。

妊婦様の体質や状態が原因の場合

もともとの体質やその日の体調(つわりなど)により、検査機関で検査時にDNAが採取できない場合があります。

妊婦様の体質や状態が原因の場合

血液の中の赤血球が破壊され、赤血球中のヘモグロビンという物質が血液と混ざった状態のことを言い原因は不明です。
上記の場合、再度ご来院いただき、採血・再検査となります。
“病院側の問題以外(輸送上の問題、検査機関側の問題、血液の状態の問題など)で万が一、検査が実施できなかった場合再検査の費用はいただきません。溶血の場合も無料です。
また、再検査をご希望されない場合も、全額ご返金させていただきます。”

キャンセルについて

検査日の1営業日前までにお電話およびお問い合わせフォームからご連絡ください。

ご予約日時の変更についても、検査日の1営業日前までにお問い合わせフォームからご連絡ください。
また、当日つわりがひどいなどの理由でご来院が難しい場合は必ず電話にてご相談ください。

検査に関するご質問は、お問い合わせフォームにて対応させていただきます。

最近の記事

検査可能日

2019年 1月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
2019年 2月
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
1
2

休診日

PAGE TOP